どんな生物も逃れられないことを体験 「臨死 インビジブル」

『 臨死 インビジブル 
THE INVISIBLE

2007年 アメリカ作品  日本は劇場未公開

*    *    *

日本での題名は「臨死」として、DVD発売で公開されたものでした。

それゆえ、当然ですが劇場パンフレットは発行されませんでした。しかし
私は是非とも、この作品を綴っておきたく今回特別に記させて頂きました。

我が国、日本だけではなく他の国でも多くの人が、実際に体験をして
いるという「臨死」について、描写している作品です。

亡くなった後、いったいどうなるのか?」

私たちは、必ず一度は考えたことがあるでしょう!
怖いとか、嫌だとかを思っているかもしれませんが、
どんな人でも終りは必ず訪れ、逃げられません

全ての生物が、逃れることができないことなのです。

そして、それはいつなのかも分りません。

先日、私の隣近所のご長寿の方も、ついにその時が訪れました。
100歳までいくと、みんなに思われていた方でしたが、
あっけない突然のお別れを知らされたのでした。

みんな、ほとんどの方が明日があると思っています。
しかし、その訪れは病気だけではありません。
いつ、何で、どんな形で訪れるかも分らないものなのです。

この物語の主人公の青年は、大きな怪我にもかかわらず
まだ完全に、息を引き取っていたわけではありませんでした。

誰にも視えない、自分の存在を一生懸命に訴えていきます。
自分の存在は、まだ完全に絶えてないことに気付いたのです。
その感じをご一緒にご体験ください。

キャスト

ニック役      ジャスティン・チャットウィン

アニー       マルガリータ・レヴィエヴァ

ピート       クリス・マークエット

マーカス      アレックス・オロックリン

ラーソン      カラム・キーレス・レニー

ダイアン      マーシャ・ゲイ・ハーデン

タニー       ミシェル・ハリソン

* * *

スタッフ

製作会社     スパイスグラス・エンターテイメント

監督       デヴィッド・S・ゴイヤー  

脚本       ミック・デイヴィス
         クリスティーン・ルーム

撮影       ガブリエル・ベリスタイン

音楽       マルコ・ベルトラミ

*  *  *

【簡単 あらすじ】

父を失って、母に育てられてきたニック
母の事業の成功のため、立派な屋敷で盛大なパーティを
開いてもらっていた。

うなされて目が覚めると、ベッドの上で汗をかいていた。

高校では、レポートの代筆を密かにやって稼いでいる。
親友のピートは、不良少女のアニーらから脅されている。

優秀成績で金持ちでもあるニックは、ビートの味方をし
不良のアニーらに反感をかっていた。

アニーの母親は、弟の食事も怠慢しており
弟を心配しているアニーは、母親にうんざりしている。

アニーは密かに前科者のマーカスと、宝石強盗を行うが
手に負えなくなっていくアニーに怒り、警察へ密告し
アニーは警察に連行される。

通報したのは、ピートだと思ったアニーは
ピートを捕まえ白状させようとするが、
苦し紛れに

通報は俺じゃなく、ニックだよ!」

と、つい言ってしまった。

ニックは、前から計画していたロンドン行きのチケットで
今夜密かに家を出る予定だったが、母親に見つかってしまい、
仕方なくロンドン行きを諦め、パーティへ出掛けた。

その帰り道、アニーらに襲われ森で瀕死にされたのだ。
アニーらに逆らえなかったピートは

ニック~!そんな、飛行機に乗っていたはずなのに・・

ニックは、森の中のマンホールに体を隠されてしまった。

アニーはマーカスのところへ隠れようと訪ねるが、追い返される。

気がつくと、ニックは森を抜けて歩いていく。
学校へ行き、いつも通りに机に座り授業を受けるのだが、
みんな自分に気がつかない。見えない存在になっている

「なぜだ! 全ての人が見えてないのか?」

ある病院に通りかかると、自分を見ている老人が居たので
追いかけるが、その老人はもう姿が体から抜けていた。

君は私と同じ様に、もう誰にも見えないのだよ・・

ニックの家には失踪事件として、刑事2人が来て母と話していた。
飛行機に乗っていないはずなのに、どこへ行ったのかと母は言う。

ニックは、自分はどうなってしまったのか街で叫んだ。

刑事の2人は、森の捜査をするが手掛かりはなく
聞き込みで、元同僚の娘であるアニーへ訪ねる。
小さな歳から知っていたが、あの頃のアニーではなかった。

ニックは、アニーとの事を次第に思い出していった。
森の捜索が開始され、アニーに命令されたビートも参加する。
それは、ニックを発見されないためだった。

ニックは、飼っていた鳥の逝ってしまう姿を目にし、
自分はまだ逝っていないことを知った。

森の捜索隊に居た犬を誘導し、自分の腕時計を見つけさせる。

ビートは夜にニックの部屋へ忍び込み、隠してあった
ニックのへそくりを取って行った。
そこに、ニックが居るとも知らずに・・

マーカスは、出てきたビートを連れて森に隠したニックを探し
体を移動するのを手伝わせる。

尾行していた刑事は、ピートを連行したが証拠を掴めず
再びピートを尾行すると、マーカスらと揉めてるアニーを発見。

それを一部始終見ていたニックが逃げるアニーへ叫ぶ。

必ず捕まるぞ~!」 のニックの叫びに

捕まるもんか~!」と、アニーが言ったのだ!

僕の声が聴こえたのか? ニックは気づく。

ニックは、思ったところへ一瞬に行けるため
アニーはニックからは逃げられない。

(次のページへ)

スポンサーリンク
Hulu

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする