やっぱり懐かしの特撮映画はこれだ!「シンドバッド・虎の目大冒険」

シンドバット・虎の目大冒険
Sindbad and The eye of the Tiger

昭和52年  1977年アメリカ作品

当時の特撮映画といえば、ハリーハウゼンでしたね~!
CG技術の今ではおかしく思えるストップモーション・アニメーション
でも当時は良かったんですよね~
SF映画ファンの少年は「いつか自分もこういう映画を作ってみたい!」
そう思っていたのでありました。

そのストップモーション・アニメーションというのは
本当に地道な作業が必要で、一つ一つ人形の動作を
積み重ねて動いている様に撮っていくものでした。
まさに、漫画のアニメと同じ作業です。
今と違って人形との合成ですからね~

それでも,少年には本物のように映ったのですよ!
「よく出来ているなぁ~とか、撮影作業の大変さ」なんか
思いませんし、ワクワク心しか他にありませんでした。

私はこの作品を観て初めてハリーハウゼンのことを
知ったのだと思いますが、シンドバット映画は他にも
シリーズでたくさん作られていたようで、
ハリーハウゼンは1940年代から、この様な技法で
シリーズを作っていたのでした。

それでは、このパンフレットをみてこの作品を
想い出してみますかね!

簡単な あらすじ

船乗りのシンドバッド(パトリック・ウエィンは、
ファラー姫(ジェーン・シーモアとの婚約許可を
カリフ国のカシム王子にもらうため訪ねるが、
カシム王子はその王の座を狙う魔法使いのゼノビア
ヒヒに変えられてしまっていたのだ。
シンドバット達は、その呪いを解くため 案内人らと共に
世界の果てに向かって冒険が始まった。
魔法使いゼノビアは、行く手を拒もうと邪悪な創造物ミナトンという
太陽エネルギーで動く金属製の巨像を召使にしシンドバッド達の向かう
ピラミッド聖堂に先に到着し待ち伏せするのであった。
シンドバット達は途中に、一角人に遭い場所を教わる。
待ち伏せしていたゼノビアらに襲われるが、危うく
助かる事ができた。カシム王子の呪いが解け、人間に戻れたのであった。
しかし聖堂の氷が解け始めていたので眠っていた
サーベルタイガー(大虎)が解き放たれてしまった。
魔法使いゼノビアは虎に乗り移り、虎と共に襲い掛かってきた。
そこに一角人の助太刀が来て、どうにか虎を倒せたのだった。
こうして一行は無事に故郷へ帰る事ができたのであった。

いや~!懐かしき昔の特撮映画でしたね~
今想い出すと、映像がおかしく映る場面もあるでしょうが
なにせ、パソコンやCDさえ無かった時代ですから
こういう特撮は凄いと思われたのですね~
今想い出したのですが「アルゴ探検隊の大冒険」という作品も
その後に観た様な覚えがあります。同じ特撮映画でしたね。

この時の映画好きな少年、私は「映画監督になるつもりだったんだ!」と思い出しました。

懐かしの映画って、「あの時の自分の夢」も思い出させてくれんですね~!

今回もご一緒に追想いただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
Hulu

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする