SFもの

番外(2000年代~)

真実の「純粋な愛」をロボットが教えてくれる・映画「A.I」

映画 「 A.I 」 2001'  スティーブン・スピルバーグ監督作品 スタンリー・キューブリック監督の意志を次いで製作された映画ですが、この作品はすでに1969年に原作されていたとは、人間の想像力とは本当に凄いものです...
番外(2000年代~)

人は脳を100%使ってないのか?考えさせられる映画「ルーシー」

『LUCY ルーシー』(Lucy) 2014年 フランス・ アメリカ この作品に興味をもったのは、主演の有名女優スカーレット・ヨハンソンやCGによるアクションシーンなどではなく、その題材となる「人間の脳の力」というもので...
番外(2000年代~)

物語の終盤になってタイムパラドクス合わせが解る映画「デジャブ」

『デジャヴ』(Déjà Vu) 2006年  アメリカ この映画は終盤になってくると面白さが出てきますが、中盤までは「単なる捜査もの」と思ってしまいます。しかし中盤を過ぎるくらいから、やっとタイムスリップらしきものが出て...
番外(2000年代~)

これもまた物語に疑問が湧くタイムパラドクス映画「LOOPER」

「LOOPER ルーパー」 2012年 アメリカ これもまた前記に引き続き「ブルース・ウィルス」主演の作品ですが、今回のタイムパラドクス物語を見終わった後も、ふと考えると疑問が浮かんでしまうシナリオだったのを想い出します・・ ...
1990年代

タイムスリップでウイルスを撒いた犯人を捜す映画「12モンキーズ」

『12モンキーズ』(Twelve Monkeys) 1995年 アメリカ映画 1995年度ゴールデングローブ賞 今回は押入れの奥から見つかって、まだ綴っていなかった懐かしの映画パンフレットから想い出して記してみたい...
番外(2000年代~)

最後の締めに疑問が残るシナリオだった「ミッション・8分間」

【 ミッション:8ミニッツ 】 2011年製作 アメリカ作品 <原題 ソースコード> 今までに大好きなタイムスリップ映画を たくさん観てきましたが、この作品はタイムスリップというよりはスピチュアル的な内容のシナリオ...
SFもの

CG技術で実現できたSF「ジョン・カーター」は男の夢物語である!

「ジョン・カーター」 2012年 ディズニー110周年記念作品 不朽のSF傑作『火星のプリンセス』をもとに作られたSF超大作ということですが、2000年代のCG技術が進歩してなければ実写化ができなかったほどの壮大な物語な...
SFもの

あの恐ろしい物語の前話「遊星からの物体X・ファーストコンタクト」

「 遊星からの物体X・ファーストコンタクト 」 THE THING  First 2011年 アメリカ ユニバーサル映画 あの恐ろしい映画の前記物語として新作品が製作されるとは・・ まったく思ってもみないこと...
SFもの

それを解読できても.決して防ぐことはできない運命「ノウィング」

『 ノウィング 』 -- KNOWING -- 2009年 アメリカ作品 世界の様々な惨事の預言と、地球の終焉を記された数字暗号。 たとえそれを解読したとしても、決して防ぐことはできない。 そんな厳しいシナリオとな...
SFもの

アナキン少年の成長が早すぎ?!『スターウォーズ・エピソード 2』

『 スターウォーズ・エピソード 2 』 STARWARS EPISODE 2 / ATTACK OF THE CLONES 平成14年  2002年 ルーカスフィルム 20世紀FOX EP2では、青年に成長したアナキンの姿...
1990年代

16年を経て新たな作品に感動した「スターウォーズ・エピソード1」

『 スターウォーズ エピソード1 』 STARWARS EPISODE 1 / THE PHANTOM MENACE 平成11年  1999年 ルーカスフィルム 20世紀FOX  「実のところ、私が今していることは22...
1990年代

考えを超えた円盤の巨大さが凄かった!「インディペンデンス・デイ」

『 インディペンデンス ディ 』 INDEPENDENCE DAY 1996 平成 8年  1996年 20世紀FOX 作品 「ID4」と略されていたこの映画作品は、当時凄い反響があり 世界各国で、記録的興行配収をと...