金髪美女とオートバイに興味の「007ネバーセイ・ネバーアゲイン」

『 007 ネバーセイ・ネバーアゲイン 』
Never say Never again

昭和59年  1984年 ロードショー作品

この作品は、初代ジェームズ・ボンド役のショーン・コネリー
12年振りに復活した007シリーズでした!

当時、少年だった私は007といえばロジャー・ムーアのイメージ
だったので、初代007のショーンコネリーって古臭い感じだったのです。

しかし、なぜここにきて12年振りに007映画に出てきたのかを
疑問と興味に思いながら、一度とりあえず観に行ったんでしょう。

実は思い返すと、それよりも大きな理由があったことを思い出しました。

今回のボンドガール、キム・ベイシンジャーがとっても綺麗な金髪美女
だったから・・なのかもしれませんね~!

それともう一つは、今回の007秘密兵器のオートバイ
このオートバイがカッコよかったんですね~

この頃少年の私は、とにかくオートバイに興味があって
バイク雑誌なんかも沢山買って友人と見ていましたし、
本当にバイクが欲しかった少年でしたからね~

キャスト

ジェームズ・ボンド役      ショーン・コネリー

ラルゴ             クラウスマリア・ブランダウアー

プロフェルド          マックス・フォンシドー

ファティマ           バーバラ・カレラ

ドミノ             キム・ベイシンジャー

フェリックス・ライター     バーニー・ケーシー

M              エドワード・フォックス

スタッフ

製作        ジャック・シュワルツマン

監督        アービン・カーシュナー

脚本        ロレンド・センブルJR

撮影        ダグラス・スローカム

音楽        ミシェル・ルグラン

主題歌       ラニー・ホール

それではここで、あらすじを簡単にパンフレットから見てみますね。

【あらすじ】簡単に追想

我々はアメリカ空軍内に友人を見つけました。ジャック・ペタチ大尉です。
彼の右目の眼球反応は、すでに我々の手で大統領と同じ、一致するように
外科的処置を施してあり、最終訓練は「シェラブランド」で行います。

スペクター(世界征服を野望を抱く凶悪組織)が動き始めた。

新任ののもと、伝統ある英国秘密情報部 ジェームズ・ボンド
任務を受ける。

核弾頭ミサイル2基を略奪したスペクターは、NATO諸国に対し
法外な要求を突き付けた。

南の海に浮かぶ豪華な船、そこでスペクターのNo1であるラルゴ
金髪の美しい女性ドミノに、裏切った時はこのペンダントと首を切り裂くと
脅していた。

ラルゴを追って、バハマ諸島へ向かうジェームズ・ボンドに
さっそく、女殺し屋が近づいて来るのである。

スキューバダイビング中に、ジェームズ・ボンドはサメを呼ぶ装置を
セットされて、サメと格闘することになるが、危機一髪逃れることができた。

ニースの空港で秘密兵器を受け取りに来たボンドは、久し振りの友人
CIAのフェリックスに再会する。

豪華な船で遊覧を楽しむラルゴ。その愛人として乗っているドミノは
ペタチ大尉の妹だとボンドは知った。

ラルゴのパーティに乗り込んだボンドは、彼と激しい卓上ゲームをすることに。
TVゲームで映し出される映像は、地球の領土奪い合いのゲームだが、
敵方に領土を奪われると、腕に電流が流れて苦痛を引き起こすのである。

息詰まる試合の中、ボンドはラルゴから勝利を奪い
26万7千ドルとドミノと踊れる権利を得た!

ある時、女情報部員ニコルを殺されたボンドは、犯人を秘密兵器の
オートバイで追いかけるが、様々な妨害が襲ってくるのだった。

秘密兵器のオートバイとボンドの腕によって、ニコルの犯人を処分できたが
ラルゴの船を偵察する際に、ボンドは逆に捕らわれてしまう。

北アフリカへ着いたラルゴは、ボンドを鎖につなげて砦に閉じ込めてしまった。
そしてラルゴは、裏切ったドミノを山族たちへ売り払うつもりである。

レーザー腕時計によって脱出できたボンドは、ドミノを救いに向かった。

フェリックスの救援で潜水艦に拾われたボンドだが、核ミサイルの奪回を
果たさなければならない。

ドミノに与えられたペンダントからヒントを得たボンドは、ラルゴの停泊している
湾のどこかにミサイルが隠されていると悟った。

ラルゴが隠し場所へ潜水するのを追いかけたボンドは、潜水中の一騎打ちに。
危うく、ドミノが現れて危機一髪ラルゴとの勝負はついたのであった。

いや~! キム・ベイシンジャーがとっても魅力的だったですね~
ボンドガールはいつでも007シリーズの目玉でもあり
よく綺麗どころを毎回集めていたものですね~!

昔、プレイメイトというモデル雑誌をこっそり買ったのを覚えてますが
本当に外国の金髪モデルって、スタイルが良かったですよね~!

今では、日本人女性も同じくらいのレベルになっていますが、当時
私が少年だった頃には、まだプレイメイトのモデルさんに
日本女性が載っていることはなかったですから・・

このショー・コネリー復活版007の今回は、内容的には良かったのかも
しれませんが、やっぱり少年にとってはモデルと秘密兵器が一番の興味
だったのではないかと、そんな追想になってしまいましたね。

今回もご一緒に追想いただき、誠にありがとう御座いました。

スポンサーリンク
Hulu

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする