金髪の綺麗なお姉さんが興味あった1984’「スーパーガール」

『 スーパーガール 』
Supergirl

昭和59年  1984年 ロードショー作品

以前、追想した「スーパーマン」の女性版として、コミックで登場したのが
1959年だったとありますが、彼女はスーパーマン従妹だったなんて
今回パンフレットを改めて見て知ったものですよ!

当時少年だった私は、そんな細かいことなんて考えもせず
ただ、金髪の綺麗なお姉さんが興味あっただけで観に行ったのでした。

当時、新人で初主演に抜擢されたこのヘレン・スレイターは19歳で
少年にとっては、本当に綺麗な憧れのお姉さんに感じたのですね~!

そんな綺麗なお姉さんなのに、とても強い感じというのも
少年には凄くそそられるものだったのでしょう!

なんて言っても、スーパーガールのコスチュームが
またスタイルがいい女性でないと着れないものでしたし~

とにかく、思春期の少年には映画のストーリーなんて二の次で
綺麗なスタイルが、はっきりと露わになる姿が一番だったのかもしれませんね!

キャスト

スーパーガール役      ヘレン・スレイター

セリナ           フェイ・ダナウェイ

イーサン          ハート・ボクナー

ナイジェル         ピーター・クック

母 アルラ         ミア・ファーロウ

ジミー・オルセン      マーク・マクルーア

ルーシー・レーン      モーリン・ティフィ

ビアンカ          ブレンダ・バッカロウ

父 ゾーエル        サイモン・ウォード

ゾルター          ピーター・オトゥール

スタッフ

製作総指揮     イリヤ・サルキンド

製作        ティモシー・バリル

監督        ヤノット・シュワルツ

脚本        デビッド・オデル

撮影        アラン・ヒューム

音楽        ジェリー・ゴールドスミス

それではここで、あらすじを簡単にパンフレットから見てみますね。

【あらすじ】簡単に追想

スーパーマンの故郷、惑星クリプトン。
その崩壊した星の生き残れた人達は[アルゴ・シティ]という
新たな半球の世界を発見した。

スーパーマンの従妹にあたる、若く美しい娘カーラ
ある時、このアルゴ・シティにとって大切な物質の
[オメガヘドロン] という小さな玉を誤って宇宙に放ってしまった。

彼女はそれを必死に追いかけ、タイムバリアを破って
地球までたどり着いてしまう。

浜に落ちたその小さな玉は、魔女セリナに拾われたのだった。
魔女セリナとその友、ビアンカは地球を我が物とする夢があった。

カーラも間もなく地球へ降りてきて、小さな玉[オメガヘドロン]を探し始める。
しかし、当てもない彼女は地球人に成り済まして女学院生徒になった。
彼女は、スーパーマンのクラーク・ケントの従妹としてリンダ・リーと名乗る。

偶然なことに、ルームメイトのルーシーはデイリープラネット社の記者で
ロイスの妹だという。

一方、魔女セリナは造園業を営む青年イーサンに恋焦がれていた。
そのイーサンがセリナの魔法薬を飲まされ、街でふらふらと出てしまった。

魔女セリナは、彼を取り寄せるためにショベルカーを操るのだが、
魔法が誤ってショベルカーが暴れ出してしまう。

そこへリンダが現れて、スーパーガールへ変身!
ショベルカーから彼を助け出したのだ。

イーサンはリンダに助けられ、すぐに彼女に夢中になった。

それを見た魔女セリナは、リンダに強く嫉妬を抱き
リンダを無きものと誓う。

魔女セリナは、[オメガヘドロン]という小さな玉の力で
モンスターを作り、リンダを襲うのだった。
しかしリンダはスーパーガールの力で、それを跳ね返すのである。

次に魔女セリナは、イーサンを囮にしてリンダを
ファントムゾーンへ隔離してしまったのだ。

スーパーガールの居なくなった地球は、魔女セリナの思うままに変わり
世界征服を進ませていた。

ファントムゾーンへ入れられたリンダは、そこでゾルターに出会い
どうにか出れるよう考えていた。
しかし、セリナが打ってきた火の玉がゾルターに当たり
ゾルターは最後を告げていった。
それを逃れたリンダは、ついに脱出に成功。

魔女からみんなを取り戻すため、最後の決戦へ飛んだ。

捕らわれていたみんなを助けに行ったスーパーガールに
再び魔女の魔術が襲ってきたが、出てきたモンスターを
逆に襲わせて、セリナは魔鏡の中へ吸い込まれていった。

こうして無事にスーパーガールは、みんなとイーサンを救うことができ
魔女の大きな山も、街から姿を消していったのだった。

いや~! スーパーガールが敵の魔女に攻撃される時の、その声って
凄くそそられてしまう声だったですよね~
「やっぱり、女なんだなぁ~!」なんて声でしたしね~

少年にとって、こういう僅かなところに興奮したりしてしまったり
まったく思春期って、面白かったと思いますよ。

それにしても、やっぱりスーパーガールの役 ヘレン・スレイター
当時、綺麗な金髪の女性でしたね~!
年老いた今の私でも、パンフレットにある写真を見て、そう感じます。

今回もご一緒に追想いただき、誠にありがとう御座いました。

スポンサーリンク
Hulu

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする