この映画はポチを思い出させたものでした。賢い犬「ラッシー」

Lassie(The Magic of Lassie)
ラッシー

昭和54年 1979年度ロードショー

名犬 ラッシー」というTVドラマもヒットしましたが、
映画版としてこの作品は米英合作で製作されたものでした。
ここに出てくるラッシーは6代目ということです。

このラッシーは大変人気となっていましたので、
その頃は、その影響からか「コリー犬」を飼いたいという家庭も
多かったのではないでしょうかねぇ~。
近くの住宅でも柴犬を飼っていましたが、
ある日、もう一匹 コリー犬が増えていたぐらいでしたから。

うちはその頃、新しい家に引っ越ししていまして
引っ越し前の家では雑種犬を飼ってしましたが、
逃げ出してしまい、行方不明のままのお別れでした。

その犬の名は「ポチ」といいました。
(その犬名だけは 今でも名前を憶えている!)
今では考えられないかもしれませんが
当時は けっこう そこら辺で子犬が見つけられたので
学校帰りや、遊び帰りに見つけると家に拾ってきたりして
親に頼み込んで庭に犬小屋を作ってもらったものです。

そうすると学校から帰るのが、もう楽しみで、楽しみで

今の様に 注射とか、届け出とかも厳しくなかったようで
友達んちも みんな拾ってきては飼っていました。

でも、うちはお祖母ちゃんが戌年のくせに犬嫌いで
学校に行ってる間に誰かに頼んで捨てちゃうんですよね~!

そうやって居なくなったり、ひかれちゃったりしても
また普通に新しい別のを拾ってきて飼ってたもんです。
(田舎にはペットショップという概念さえなかった時代)

その最後に飼った犬がポチでした。唯一お祖母ちゃんが諦め認めた犬。
そのポチは、しっぽの先っぽが剥げて丸出しだったのですが、
頭が良かったのか何処かへ逃げ出して、帰ってくると
玄関のドアをノックして帰宅を知らせるのでした。
寒い雪の降った次の朝、びしょ濡れでドアをノックし
母親が慌てて体を拭いてあげてる様子を、今でも覚えています。

そんな印象深い、最後に飼ったポチをこの映画「ラッシー」は
私に想い出させたのでした。

私話は長くなってしまいましたが、ここらへんで
簡単なあらすじをこのパンフレットをみて
想い出してみましょう。

【ものがたり】簡単に追想

北カルフォルニアにある、ミッシェルぶどう園に
早くに両親を亡くした姉弟、ケリークリス
そしてお祖父さんとコリー犬のラッシー
幸せに暮らしていました。
ある時、ジェーミソンという商売人がぶどう園を買い取りたいと
訪ねて来たが、断ると再び現れ今度は「ラッシー」は自分の犬だと
遠いコロラドへ連れていってしまう。ラッシーは絶対になつかず
隙を見つけ逃げ出すのであった。逃げる途中にケガをしていまうが
優しい二人組に拾われ助けられる。
その頃、クリスは学校に行かず ラッシーを探しに出かける。
ラッシーとクリスに両方捜索願が出された。どうにかクリスと
家族は会えたが、ラッシーはまだ見つからない。
ラッシーはひたすらカルフォルニアへ目指して苦しい旅をしていた。
そして人気グループと出会い、公演会へ一緒に行くが
公演会場が火事になってしまう。ラッシーはそこで子猫を
救うため燃え盛る火事の中へ飛び込んだ。
火事の後、ラッシーの姿は発見されなかった。
しかし、ラッシーは生きていた。再びカルフォルニアの故郷へ
そして、ついに我が家が見えてきたのであった。

いや~ こどもの心に ささる物語なのでしたね~
コリー犬は、みんなああいう風に頭が良くてすごい犬なんだと
ずっと思ってました。
うちのポチもラッシーみたいにもっと賢ければ
引っ越し先にも連れて来れたんですけど、残念に思いましたね。
どこ行ったんでしょうか。さすがに引っ越し先が分かるわけないですから。
(もう何十年も前のことですが、ポチのご冥福をお祈りします)

そちら様も、その昔 飼っていた犬を想い出したでしょうか。

今回もご一緒に追想いただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
Hulu

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする