あの恐ろしい物語の前話「遊星からの物体X・ファーストコンタクト」

遊星からの物体X・ファーストコンタクト

THE THING  First

2011年 アメリカ ユニバーサル映画

あの恐ろしい映画の前記物語として新作品が製作されるとは・・

まったく思ってもみないことでしたが、確かに思い起こせば

前回のあの物語は、何かの途中から話が始まっていたのでしたから

その前はどうしていたのか、何から始まっていたのか

それを新しく作ったというだけなのかもしれません・・後から

それにしても、前回は凄すぎた印象が今でも覚えています。

当時少年だった私にとって、それだけ強烈に脳裏に残っている映画だったのです~

本当はあの続きでも怖いので、観たくはない気持ちでしたけれども

1982年の恐怖を再び、ここで思い出す覚悟をするしかありません・・

またあの音楽も怖いんですよ!ピッタリ過ぎて

*キャスト

ケイト・ロイド      メアリー・エリザベス・ウィンステッド

カーター               ジョエル・エドガートン

サンダー博士          ウルリク・トムセン

ジェイムソン          アドヴェール・アキノエ=アグバエ

アダム・フィンチ     エリック・クリスチャン・オルセン

*スタッフ

監督        マティス・ヴァン・ヘイニンゲンJr.

脚本         エリック・ハイセラー

原作         ジョン・W・キャンベルJr. 【影が行く】

製作         マーク・エイブラハム/エリック・ニューマン

製作総指揮        J・マイルズ・デイル

撮影         ミシェル・アブラモヴィッチ

編集         ジュリアン・クラーク/ピーター・ボイル

音楽          マルコ・ベルトラミ

特殊メイク&クリーチャーデザイン                                                                                             アレック・ギリス、トム・ウッドラフJr.

【 簡単に あらすじ 】

1982年 冬  南極大陸

ノルウェーの南極観測隊の雪上車が何かをレーダーで見つけた。

止まった途端に、雪上車ごと地割れした下へ落ちたが間一髪隙間に止まった。

そこに見たのは正体不明のものだった。

アメリカの生態研究者ケイトのところへ訪ねてきたのは、

アメリカの古生物生態研究者ケイトのところへ訪ねてきたのは、昔からの知り合いであるアダムとサンダー博士だった。

博士はケイトへ南極で発見された物の研究の誘いにきたのである。

さっそくヘリでノルウェー南極基地へ到着し、連れて行かれた場所は氷の中に埋もれた巨大な未確認物体だった。

そしてまた、未知の生物の氷漬け遺体だったのである!

博士は一大発見物として、これを内密に進めたいと指示を出した。

さっそく氷漬けになっていた未知の遺体は基地へ運び込まれた。

博士はすぐに検体サンプルを採集するために、氷漬けへドリル穴を開けさせた。

全員が娯楽室で祝い酒をして楽しんでいる時間に、その氷はしだいに溶けていく。

その異常に気づいていたのは、隊員の愛犬だけだった。

一人の隊員が何気なく氷漬けを見に行くと、突然中から物体が飛び出し天井へ出ていく。

みんなで探し回ると、愛犬小屋に襲われた跡が残っていた。

物音を聞きつけた隊員が蠢く物体を見つけるが、そこでヘンリク隊員が一人目の犠牲者となってしまった。

火炎放射器で焼き倒したが、その物体に取り込まれて食われたヘンリクは中にいた。

解剖するとヘンリクの細胞を吸収しようとしていることが分かるが、何故か骨折箇所に使われていた金属製の骨(合金)は吸収出来ないようで、除かれていたのである。

そして顕微鏡で調べてみるとさらに恐ろしいことを知る。

なんとまだ細胞は生きていて、人間の細胞を吸収して同化するのだ!

カーターはヘリで応援を呼びに行こうと出発する。

その時、洗面所で銀歯の欠片を見つけシャワー室の変異を発見したケイトに止められる。

しかしヘリの中で物体に襲われてしまい、ヘリは山の方へ墜落してしまった。

 

ヘリも失い、無線も通じない基地

ケイトはまだ誰かの中に物体が潜んでいると訴えるが、博士は信じない。

あれは人間に成りすますのよ!誰もここから出てはダメよ

女性隊員のジュリエットがケイトに話しかけ、鍵がある部屋に誘い襲うのだった。

逃げる途中でカール隊員が襲われ、火炎放射器で燃やす。

こうなったら、もう誰も疑わしい状態

全員の検査をしてみるしかない。

そこへヘリで墜落したはずのカーターが現れた。

怪しまれるカーターは隔離されるが、検査室が誰かに焼かれてしまった。

ケイトは違う方法でチェックするしかない。

歯に銀歯詰め物等があるか、口の中をみるしかない。

しかし、博士はそんな方法はバカバカしいと訴える。

セラミックなら判断できないだろうと・・

カーターらも調べるため呼びに行くが、居なくなっていた。

そしてその時に、ラーシュ隊員が姿を消してしまい、カーターらの侵入と張り合った。

ボンベの爆発で隊長が倒れるが、運ばれた隊長が物体だった。

娯楽室が修羅場と化し、アダムがやられてしまう。おぞましい吸収で連れ去られた。

生き残った博士も襲われ、ケイトとカーターも戦う。

誰かが雪上車で基地を出たため、二人は追いかける。

着いたのは、最初に発見したあの巨大な未確認物体の場所で

ケイトは中へ落ちてしまい、気が付くと見たことのない作りの空間であった。

そこで再びエイリアンに襲われるが、爆薬を使って逃げきった。

カーターも一緒にそこから出たのだが、実はそのカーターも既に偽物だと気づいた。

ケイトは偽物カーターを焼き切って独りぼっちになった。

*    *

日が明けて、基地にヘリコプターがやってきた。

生き残ていたラーシュ隊員が、出てきて

逃げ失せようとする一匹の犬をライフルで狙う。

そしてヘリの操縦士に「あの犬を逃がしてはダメだ!あの犬を追いかけるんだ!」

ヘリは犬を追いかけて飛ぶのであった。

 

ここから、遊星からの物体xへ つづく

いや~ 気持ち悪かったですね~!

1982年の作品の時は何も知らなかったので、それはそれは衝撃的でしたが

あれから30年近く経って作られたこの作品は、当時の映像に近い作りになっていたので

映像技術の進化を感じさせないものとなっていたと思います。

あの当時のSFXの様なつくりでなければ、前話というつじつま合わせになりませんからね~

それにしても、異様な形が凄い恐怖を感じさせられる物体(エイリアン)でした。

気持ち悪さは「エイリアン」という映画よりも上だったと言えるでしょうね~

*   *   *

今回は30年前の「遊星からの物体x」を検めてみた時に、ストーリーの都合上

これも追記しておかねばとの思い付きで、ここに追加しておくこととしました。

コメント