まったく壮大な戦争ごっこのような映画だった!「メガフォース」

メガフォース
MEGAFORCE

昭和57年  1982年ロードショー作品

この作品は、まったく壮大な戦争ごっこのような映画でしたねぇ~!

正義のヒーローが乗るようなオートバイや装甲車、バギーが登場し

当時少年だった私は、そのカッコよさに絶対に観に行くことを決めていた映画でした!

この映画の売り文句は、「緊迫した現代に出現した、<メガフォース>は世界109か国の

エリート兵士と、特殊兵器で作られた精鋭軍団である!」

ちょうど、この年はイギリスとアルゼンチンのフォークランド紛争があった年で、世界で
起きる様々な戦争に何かを訴えかける意味でもあったのでしょうかね~

この映画について、パンフレットにあるプロダクションノートを見ると、

アメリカ国防省の全面協力!とあります。エドワード空軍基地での撮影や、
ヘリコプターや輸送機も空軍の協力で使用撮影されたようです。

モハべ砂漠での迫力の戦闘シーンは、本物さながらのものでしたよね~

メガフォースの最新戦闘車両について、画像にもありますが

*モト・デストロイヤー   ロケット砲6基、50口径マシンガン、熱探知射撃測距離機

*走る要塞タック・コム   全長12m 25t ガトリングガン、キャノン砲、
レーダー装置

*メガ・クルーザー     全長6m  3.5t 多目的ミサイル、レーザーガン、
ガトリングガン

と、この様に凄い戦闘用最新兵器をパンフレットに解説されていますよ!

秘密基地の図も書いてあり、砂漠の地下5~6階構成でまるで「サンダーバード基地」
みたいです。

また、監督はアクション映画では筋金入りのハル・ニーダムですから凄いんですよね~

以前もパンフレットから彼の映画「トランザム7000シリーズ」を紹介しましたが、

この「メガフォース」も監督だったのですよ!

製作もレイモンド・チョウ。「キャノンボール」や「バトルクリークブロー」でも

紹介しましたが、この映画も製作に関わっていたなんて、このパンフレットをみて今頃知りました。

キャスト

エースハンター役     バリー・ボストウイック

ツアラ          パーシス・カンバータ

ダグラス         マイケル・ベック

ホワイト大将       エドワード・マルヘアー

エガストラム       ジョージ・ファース

グエラ          ヘンリー・シルバ

スタッフ

監督      ハル・ニーダム

製作      アルバート・S ラディ

製作総指揮   レイモンド・チョウ

脚本      ジェームス・ホイッテーカー

撮影      マイケル・バトラー

音楽      ジェロルド・イメル

メカニック   ウィリアム・フレデリック

原案      ロバート・カチラー

それではここで、ストーリーを簡単にパンフレットから見てみましょう

【あらすじ】簡単に追想

サハラ砂漠、真夜中の送電所が跡形もなく吹き飛ばされた。

一方ここは、アメリカ、テキサス州

ダラス空港にイギリスのバーン・ホワイト陸軍大将と女性副官ツアラ少佐
到着した。

そして二人は列車で南西部の砂漠へ向かう。

やがて何もない砂漠に着いた二人を迎えに来たのは、
ラフな格好でジープに乗ったダグラスという男だった。

二人がこんな何もない砂漠に来た理由は、アメリカが極秘に作っていた特殊精鋭部隊
メガフォース」の視察だったのである。

現在において、アフリカに侵略しつつある東側の脅威に対抗すべく

世界から集結されている精鋭部隊と特殊兵器を確認と要請するのである。

そのメガフォースのエースハンターは、ロイ・ディクソン大尉である。

最新科学で作られた技術にホワイト大佐は感銘を受けたのだった。

————————————

最新兵器を使った訓練をしていたこの部隊に、アフリカ大陸サハラへの出動が決まった。

アフリカ大陸に脅威を与え、各国を揺さぶっていた東側のグエラ指揮下のゲリラタンク部隊
を排除する極秘作戦であった。

C-30輸送機に兵器と部隊300人を積み、アフリカへ出発。

未明、  敵のゲリラ部隊近くに着陸し、奇襲攻撃を開始

グエラのタンク部隊の弾薬庫など破壊し、大損害を与えたのである。

メガフォースの部隊は、任務を終えイギリス領へ向かうはずだったが、

そこへ女性副官ツアラがヘリでやってきて、「国際紛争に巻き込まれたくはない!」

と彼らをイギリス領に迎え入れないと伝えてきたのだ。

一方、グエラ指揮官のタンク部隊は体制を整え、巻き返しをはかろうとしていた。

向かっていたイギリス領へ行けないとすると、もはやゲリラ部隊と戦うしかない。

かくして、グエラの戦車部隊とメガフォース部隊の砂漠の戦闘が始まるのだった。

最新科学を使った兵器は、ゲリラタンク部隊を奔走するが 敵戦車の主砲を受け

見方も数台被害を出してしまう。

エースハンターの指揮によってメガフォースはその実力を発揮し、グエラ部隊との

勝負はつくのであった。

今考えると、メガフォースの隊員コスチュームが少しダサかったのと、

ラストのメガバイクの飛ぶシーンは、合成丸出しで残念に思えましたが、

他の実物のマシーンを使った迫力の戦闘は本当に良かったと思いますよ~

とにかく、登場する戦闘車両が少年にとってはカッコよくて

それだけで良かったんでしょうね!

そういえば、この映画に似たような映画でデルタフォースというのが
あったなぁと今、想い出しました。
たしか主演男優にチャックノリスだったと思いますが
もしパンフレットが出てきましたら、また投稿するかもしれません。

今回もご一緒に追想いただき、誠にありがとう御座いました。

スポンサーリンク
Hulu

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする