当時人気俳優名が題名に入ってた「マットディロンの初恋物語」

『 マット・ディロンの初恋物語 』
Matt Dillon in Liar’s Moon

昭和58年  1983年 ロードショー作品

この頃のマット・ディロンはすごかったんですね~
日本での題名かと思いきや、パンフレットにも彼の名前が題名にあり
それには、1980年代のジェームス・ディーンとも書かれていたのですよ!

以前ここでも追想しましたが「マイ・ボディガード」という映画で
不良役をしていたマット・ディロン。その後、彼は
一躍アイドルスターになって、映画タイトルまで付くようになったのですね~
それほど、当時の十代の女の子を夢中にさせたのでしょう!

当然、当時少年だった私は、マット・ディロンには特に興味はなく
出演していた可愛い女優を目的に、この映画も観に行ったのでした。

この1980年代初頭は、たくさんの青春映画が作られていて
思春期の少年にとっては、ほとんど全てが可愛い女優を登場させていたので
観に行くのが忙しかったくらいでしたよ!

それこそ、まだレンタルビデオショップなどは無く、TVで旧作映画を見るか
新作は映画館へ行くしか観れなかった時代ですからねぇ~
電車賃も映画代もかかったわけです。(おこづかいを前借したりして)

当時の少年が今のスマホで映画を観れるなんて知ったら、それこそビックリでしょうね~
まったく時代は凄い発展をしたもんです!

この作品の目玉はもちろんマット・ディロンなのですが、女優の金髪美少女の
シンディ・フィッシャーもなかなか良かったと思います。
(そんなに日本ではメジャーにはならなかったようですが)

キャスト

ジャック・ダンカン役   マット・ディロン

ジニー・ピーターソン   シンディ・フィッシャー

アレックス・ピーターソン クリストファー・コネリー

ジャックの父       ホイト・アクストン

ジャンヌ・デュポア    イボンヌ・デカルロ

バブス・ダンカン     マギー・ブライ

タブマン大佐       ブロードリック・クロフォード

スタッフ

製作総指揮  ビリー・ハンナ

                     ビッグ・ラモス

製作     ドン・P・バーンズ

ストーリー  ジャニス・トンプソン

                     ビリー・ハンナ

脚本・監督  デビッド・フィッシャー

撮影     ジョン・ホラ

それではここで、ストーリーを簡単にパンフレットから見てみましょう

【あらすじ】簡単に追想

1949年の話、テキサス州の小さな町ノーブル
18歳のジャックは、高校卒業後に父の仕事を助けていた。

ある夜、悪友ボビーマイクに誘われ祭りへ出かけたところ
見慣れないブロンドの美少女を見かける。

彼女は銀行のアレックス・ピーターソン家の娘でジニーといった。
名門校を卒業し、久しぶりに故郷の友人と過ごしていたのだ。

祭りの豚つかみゲームに挑戦したジャックは、それを見ていたジニーを
泥んこにしてしまった。こうしてジニーとジャックの出会いの時になった。

ジニーとジャックは急速な仲となってゆき、毎日会う日課となった。
だが、ジャックの母はジニーの父について気に入らないのだった。

ある時、ジニーの父が二人の交際を禁じることを告げた。
そして、ジャックに悲運が訪れる。
ジャックの父が作業中の事故で急死してしまったのだ。

保険金が入ったジャックの母は、以前より贅沢な暮らしになった。
しかし、ジニーの父が東部の大学へ進学をすすめ
ジャックと会えないようにしようと考えていた。

ジャックとジニーは、独立記念日の日にこっそりと町を出る。
ルイジアナ州へ行けば、結婚ができると急いだ。
そして、二人は幼いが愛を誓い一緒に暮らすことになる。

だが、娘を奪われたジニーの父は私立探偵を使って探すのである。

その頃、二人は幸せに暮らしていて、親になることが分かった。
赤ちゃんが生まれる手続きのため、戸籍を調べていくと
なんとジャックとジニーが,異母兄弟だという事実が判明

医師から生む事はできないと告げられ、結婚もできないといわれる。

ジニーの父は、娘の妊娠を知らされ、ジャックの母へ会いに行く。
実は18年前、ジャックの母はジニーの父と愛し合っていた。
そこで、みごもったのがジャックだったのである。
その後、別れてしまい ジニーの母親と結婚したのだ。

ジャックの本当の父は、ジニーの父なのだ。

ジニーはジャックを失いたくないと中絶手術と避妊手術を試みるが
手術がうまくいかず、重態になってしまった。

生死をさまよい、ようやく目を覚ますことができたジニーに
真実の愛を照らすような、綺麗な月が姿を現した。

兄妹を超えた二人の運命の愛は、月に照らされていくのであった。

いや~! 意外な真実がストーリーとされていたんですね~!
きっと、この広い世界のどこかには、こういった偶然のいたずら
というような物語があるのだろうと思います。

愛した人が、まさかの兄妹、姉弟だったなんて話はどこかで
あった事実のものを元に構想されたお話もあるでしょうね~

それにしても、美男子、美少女が主演する映画が多く
当時の映画界を盛り上げていたことは間違いないでしょう。
これだけの青春ロマンス映画が製作されていたのですから・・

1980年代のパンフレットはしばらく続きますので
まだ出てきそうですね~こういう思春期をくすぐる作品が。

今回もご一緒に追想いただき、誠にありがとう御座いました。

スポンサーリンク
Hulu

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする